もう一つの万葉集(解読)

万葉集最後の歌、大伴家持の「新年乃始乃波都波流能」

新年ということで、万葉集の最後を飾る大伴家持の歌、巻20の4516番

新年乃始乃波都波流能家布敷流由伎能伊夜之家餘其騰

を取り上げましょう。

従来訓

「あらたしき としのはじめの はつはるの けふふるゆきの いやしけよごと」

大意

「新しい 年の初めの 初春の 今日降る雪の様に 積もれよ良い事」(日本古典文学全集)

まことに万葉集の最後を飾るにふさわしい、すばらしい歌です。
しかし何だか変に思いませんか?

初めの「新」「年」「始」の3文字は訓読みで、しかも最初の「新」一字を「あらたしき」と5文字にも読んでおいて、「波都波流能」以下は一字一音のいわゆる「万葉仮名」にいきなりチェンジする。
何かある、と思われるのです。

李寧煕氏による解読をご紹介します。



(サラ) 新羅(しらぎ)

(ドゥジ) 咎(とが)め

乃始乃
(ネシネ) お出しになられる

波都
(バト) 防禦(ぼうぎょ)

波流能
(バルヌン) 正す

家布敷流
(ヤ、ポブル) 矢、降り浴びせる

由伎能
(ユキヌン) 靫(ゆき)は・武具は

伊夜之家
(イヤジケ) 続けて作れ

餘其騰
(ヨグドゥ) 夜鍋(よなべ)して


【大意】

新羅征討の旨

お出しなられる。

防備を固め

矢、降り浴びせよう。

靫(ゆき)など武具は

日に夜を継いで作れよ。


この歌が詠まれた天平宝字3年(759年)ころ、新羅との間の緊張が高まり、新羅征討のための準備がなされていたようです。

「歌の但書によれば「三年(天平宝字)春正月一日に因幡国の庁にして饗(あへ)を国郡の司等に賜ふ宴の歌一首」とされています。単なる個人の考えを詠んだものではなく、地方の高位管理者を一堂に集めての公式メッセージとしてうたわれた作なのです。

表向きは祝言、裏向き新羅征討に備える準備の檄(げき)。

それにしても武器作りを「由伎(ゆき)作り」としているところが非常におもしろい点です。」(「記紀万葉の解読通信」第73号より)


靫(ゆき・ゆぎ)とは古代の武具の一つで、矢を入れて背に負う箱型のものです。表向き「雪」と自然を詠んでいるように見せかけて、裏向き武具の意味で使っているのです。実に見事な詠み方ではないでしょうか?

なおこの解読が掲載された「記紀万葉の解読通信」は「もう一つの万葉集を読む会」の会誌ですが、今日入手は不可能です。また寧煕氏の単行本には掲載されておりません。ちょっと残念です。

今回この記事を書くために資料を提供して下さった「李寧煕後援会紹介のHP」の管理者Tsuchiya様に感謝いたします。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ

おまけ

越中国守大伴家持ゆかりの高岡市万葉歴史館

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実はとっくに解読されている万葉集最難読歌「莫囂圓隣」

万葉集最難読歌といわれる、巻1の9、額田王(ぬかたのおほきみ)の歌

莫囂圓隣之大相七兄爪謁氣吾瀬子之射立為兼五可新

従来の解読では「吾瀬子」以下を「わがせこが いたたせりけむ いつかしがもと」と読み、それより上は解読放棄して、漢字のまま放置されているのが一般的です。

古来多くの人がさまざまな読み方を試みてきたものの、納得できるものはいまだ一つも現われておりません。

一つも?

実は20年ほど前に多分正解と思われる解読が発表されたのですが、それは日本語ではなく古代朝鮮語による解読であったために、一般的には誰も認めようとしていません。せめて数ある解読の試みの一つとしてぐらい取り上げればいいのに、それすらもされていません。

さて、李寧煕氏によればこの歌には表と裏の二重の読みがあるといいます。

表向きは斉明(さいめい)天皇への表敬、裏向きは中大兄皇子(後の天智天皇)、または大海人の皇子(後の天武天皇)とのセックスの対話ということです。


1. 表向きの意味

莫囂(めほる) 水郷(みずごおり)

圓隣之(どんぐりじ) 廻(めぐ)らせよ

大相七兄(くんさしえ) 大城(こにさし)に

爪謁氣(じょありげ) 拝謁(はいえつ)せよ

吾瀬(おら) 来たれ

子之(じゃっし) 城

射立為兼(そいっすに) 立ちにけりに

五可新(おがせ) 行き来せむ

(よろぼん) 幾度(いくたび)

水郷とは飛鳥の岡本宮のことのようです。

これを少し読みを変えることによって、まったく違う意味の歌が現われて来ます。

2. 裏向きの意味

莫囂(まげ) 麻具(まぐ、男性の性器)を

圓隣之(どんぐりじ) 廻(まわ)せよ

大相七兄(くんさちえ) 大股の

爪謁氣(じょっあるげ) 麻具を識らせよ

吾瀬(おら) 来たれ

子之(じゃっし) 麻具

射立為兼(そいっすに) 立ちにけりに

五可新(おがせ) 行き来せむ

(よろぼん) 幾度(いくたび)

唖然とするほど違う歌になってしまいます。

なぜこのような二重の歌を詠んだのかは、額田王と天智天皇、天武天皇との三角関係(?)が背後にあるようですが、詳しくは「もう一つの万葉集」第三章をご覧下さい。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

傑作表記!「馬声蜂音石花蜘蟵荒鹿」

李寧煕氏の万葉集解読の中でもとりわけ見事と言っていいのがこれです。

いや、本当に見事なのは元の歌の方なのでしょうけど。

巻12の2991番の作者不詳歌

垂乳根之母我養蚕乃眉隠馬声蜂音石花蜘
荒鹿異母二不相而

従来訓
「たらちねの ははがかうこの まよごもり いぶせくもあるか いもにあわずして」

大意
「母が飼っている蚕(かいこ)が マユにこもるように、心持が晴れないことである。妹に逢う折がなくて。」(日本古典文学大系)

「馬声」は「い」、「蜂音」は「ぶ」と、擬声語として無理やり読んでいるのですが、そうやってやっと出てきた解釈というのが、ずらずらと虫や動物の名前を並べた表記と何の関連性もありません。

李寧煕氏の解読は次のようです。

垂乳根之 (タラジョッネジ) 垂れまらを出そう
母我養蚕乃
(バガヤヌエネ) はめ込み臥せよう
眉隠馬声
(ミウンマソ) 憎んでは下さるな

蜂音
(ボソ) ちょっとあなた
石花蜘蟵
(イシゴジジョッ) たてつづけまらが
荒鹿 (ゴチロ) 手荒いので
異母(イメ) このほとが
不相而
(ブサンイ) 可哀そう

何と男女の会話体になっているのです。

以下、李寧煕氏の「枕詞の秘密」第一部第二章からそのまま引用させていただきます。

 「さて、この歌の最難訓部分であり、かつ傑作表記でもある「馬声蜂音石花蜘蟵」。
 
 馬の声、蜂の音、石花(韓国語で海の「かき」のこと)、蜘蟵(「くも」のこと)、荒ぶる鹿など動物名をずらりと並べていったい何を詠んでいるのでしょう。前に挙げている蚕まであわせると、この歌には全部で六種類もの動物が登場します。しかも全部強壮剤、強壮食品として名高い、またはセックスに強い動物ばかり。
馬はもちろんのこと、女王蜂や女郎蜘蛛(ぐも)は雌対雄が一対うん十、うん百のセックスの女王たち。それにローヤル・ゼリー、鹿茸(ろくじょう)、牡蠣(かき)、蚕のさなぎにいたるまで強壮剤・強壮食品ばかり(韓国では今でも蒸した蚕のさなぎをよく食べます)です。

 この文字の使いようでよく分かるとおり、作者は激しい性愛行為を描写しているのです。

 (中略)

 「蜂音」。これは「ボソ」、「ちょっと、あなた」という呼びかけのことばです。直訳すると「見て下さい」。今でも使われていることばで、夫婦の間でよく交換されます。現代風になおせば、「ボセヨ」、「ヨボ」など。韓国語をお習いの方はよくご存知のことばです。」

 (引用ここまで)

詳しくは「枕詞の秘密」を見ていただくとして、漢字の表記と歌の内容とが見事に一体となっていますね。また「石花」が貝の「かき」であることは普通の韓日辞典に載っています。

この李寧煕氏の解読と従来の解読を比べてみて、それでも李寧煕説が100パーセントデタラメだ、コジツケだと言う人は、言葉の理解力が欠如しているのでしょうから、万葉集についてあれこれ言うのはやめた方がいいでしょう。

それにしても、この歌を解読した人はどうにもこうにも読めなくて、馬のいななき(イイーン?)、蜂の飛ぶ音(ブーン)まで持ち出して、何とかかろうじて意味のある歌を搾り出したのですから、それはそれで賞賛に値するかもしれません。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ

参考ウェブページ(青空文庫)

橋本進吉

「駒のいななき」

追記

「馬声」とか「蜂音」で検索するとこの記事が上位に表示されて、ありがたいことです。

一日も早く「いぶせくもあるか」などというバカバカしい解読に替わって、本当の意味が広まって行くことを願っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「夜はいかに継ぐるよ」~万葉古代演歌

李寧煕氏による万葉集解読の中でも、とりわけ美しいものの一つ。

巻2の116番、但馬皇女(たじまのひめみこ)の歌。

人事乎繁美許知痛美己世尓未渡朝川渡

従来訓は「ひとごとを しげみこちたみ おのがよに いまだわたらぬ あさかはわたる」で、大意は「人の噂があれこれひどいので、自分が生まれて未だ渡ったこともない朝の川を渡ることである。」(日本古典文学大系)という訳のわからないものです。

これを古代朝鮮語で読むと、すばらしい歌がよみがえります。

人事乎(ビトジオ) 日の出よ

繁美(バミ) 夜は

許知(オチ) いかに

痛美(イタミ) 継ぐるよ

(イミ) もはや

世尓(セニ) 夜明け

(イミ) 君が(あのお方が)

(ガネ) 行くよ

朝川
(アサネ) 奪われて

(ガネ) 行くよ


~大意~

日の出よ。

夜はどうすれば継げるものでしょう。

もう夜明けです。

君は(あのお方は)行かれてしまうのです。

日の出が君を奪って行くのです。


特に後半の「イミ セニ イミ ガネ アサネ ガネ」の口調の良さに注目して下さい。

詳しくは「枕詞の秘密」第二部第一章をご覧下さい。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万葉集冒頭歌は雄略天皇の即位宣言

籠もよ み籠持ち 堀串もよ み堀串持ち
(こもよ みこもち ふくしもよ みぶくしもち)

で始まる、万葉集の冒頭を飾る雄略天皇の歌。

また「もう一つの万葉集」の冒頭を飾る歌でもあります。

籠毛與美籠母乳布久思毛與美夫君志持此岳尓菜採須兒家吉閑名々告紗根虚見津山跡乃國者押奈戸手吾許曾居師吉名倍手吾己曾座我許背齒告目家呼毛名雄母

この歌は籠(かご)とふくし(へら)を持って、菜を摘んでいる女性に声をかけた(求婚した)歌とされていますが、李寧煕氏はこれを雄略天皇の即位宣言として次のように読んでいます。

籠毛與 (こむいよ)   貊(こま)よ

美籠母乳 (みこむち)   瑞穂(みずほ)の貊たちよ

布久思毛與 (ぼっくそいよ)   復旧(ぼっく)島よ

美夫君志持 (みぼっくそち)   瑞穂の復旧島の者たちよ

此岳尓 (いおんどえ)   この丘に

菜採須兒 (なたらそご)   私は(先代と)並び立ち

家吉閑名 (いえじかな)   ここに家を作り

々告紗根 (なにろさね)   告げて住もうと思う

虚見津 (さろみちゅ)   斯盧弥鄒(さろみつ)

山跡乃國者 (やまとねならしゃ)   やまとの国は

押奈戸手 (ぬろのはそ)   押さえおきて

吾許曾居 (なおじいっこ)   統治者は私一人である

師吉名倍手 (しじゅぬべそ)   鎮めねかして

吾己曾座 (なもそあんじゃ)   私は自(みずか)ら位(くらい)に就く

我許背齒 (なおそわ)   私は急ぎ来て

告目 (にるも)   告げる

家呼毛名雄母 (いえおもなおも)   ここに来る 出て来ると

貊(こま)とは、狭義には高句麗人を指したようですが、広義には百済人、伽耶人、新羅人をも含む、朝鮮半島の人の総称だということです。

また復旧(ぼっく)島とは日本のことです。

斯盧弥鄒(さろみつ)とは、斯盧は新羅、弥鄒は弥鄒忽(みちゅほる)国すなわち沸流百済(びりゅくだら)のこと。この弥鄒忽(みちゅほる)国が日本に進出して立てた国が「瑞穂(みずほ)の国」であるようです。

さらに詳しい解説は「もう一つの万葉集」を見ていただくとして、おもしろいことに、この歌の李寧煕氏の解読は他の歌の解読ほどには非難を浴びていないようです。

おそらくこの解読が、万葉集の冒頭を飾るにふさわしいと誰にでも思わせるものがあるからでしょう。

大体「こもよ みこもち ふくしもよ みぶくしもち」なんて、どうも不自然で、「ほんまかいな?」と思ってしまいませんか?

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高市皇子の歌は済州語?

李寧煕氏の「日本語の真相」第九章によると、万葉集巻1の9、額田王の歌

莫囂圓隣之大相七兄爪謁氣吾瀬子之射立為兼五可新

と並んで万葉集の中の最難読歌の一つと言われる、巻2の156、高市皇子(たけちのみこ)の歌

三諸之神之神須疑具耳矣自得見監乍共不寝夜叙多

は、全文済州島の言葉で書かれているらしい。

李寧煕氏によると「神之神」は「カシガ」と読んで「行かれるのですね」という意味になるということ。現在の済州島方言では「ガスガ」。1300年の間に「カシガ」が「ガスガ」になっただけでほとんど変化が見られない。済州島は孤立した島なので言葉もよく保存されているようなのである。

歌全体の古代朝鮮語(済州語)による解読は、

三諸之(ミモロシ)

神之神 (カシガ

須疑(スギ)

巳具耳(ペアグニ)

矣自(ウィジャ)

得見監乍(ドミガサ)

(キョオン)

不寝夜叙多(アニシヨソダ)

で、

お墓の土が涸いています

行かれるのですね、貴女は

すぐまたお遭いできるよう

お祈りしましょう

毒を飲ませ

とうとう

行かせてしまいました

という意味になるらしい。

詳しくは本書をご覧下さい。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ

ニュース

済州語ユネスコ消滅危機言語登録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「もう一つの万葉集」について

  Manyousyu_6 1989年に文芸春秋社から出版された韓国の作家、李寧煕(イ・ヨンヒ)氏の「もう一つの万葉集」は、万葉集を古代朝鮮語で解読するというもので、従来の解読とはかけ離れた内容で大きな反響を巻き起こし、また大きな反発も食らいました。

続いて「枕詞の秘密」「天武と持統」「日本語の真相」「甦(よみがえ)る万葉集」「怕(おそ)ろしき物の歌」など、シリーズとなり出版されましたが、その後どれも絶版となってしまいました。

「もう一つの万葉集」が出版されて間もなく、「もう一つの万葉集を読む会」という李寧煕氏の後援会のようなものが発足され、会誌「記紀・万葉の解読通信」が発行されました。しかしこの会もいつの間にか消滅してしまったようです。

インターネット上では「もう一つの万葉集」に関する記事はちらほらあるだけで、このままではせっかくの李寧煕氏のすぐれた提案も立ち消えになってしまうのではないかと心配しております。

私は現代韓国語が片言できるだけで、言語学、古典文学、古代史など、どれにおいても素人に過ぎませんが、この問題に少しでも関心を持ってもらおうと、このブログを作りました。また自由に書き込める掲示板も作りました。

皆様のご参加をお待ちしております。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ 人気ブログランキングへ

1616BBS 無料レンタル掲示板

| | コメント (2) | トラックバック (0)